千葉・上総一ノ宮プロジェクトで一番初めにやったこと。

それは、「森の案内人」として有名な、三浦豊さんに色々と教えていただき、敷地内にある樹木の種類をすべてプロットする作業。

 

様々な種類の樹木たち。

 

クスノキ

ハンノキ

コナラ

ヤマグワ

クロモジ

エノキ

スギ

アカメガシワ

コナラ

ネムノキ

ヤブニッケイ

タブ

ネズミモチ

マユミ

センダン

クヌギ

マツ

ヤツデ

などなど他にも大小いろいろ。

 

これらの樹木から発する酸素や香りを胸いっぱいに吸い込む贅沢さ。

 

また、入り口付近には、食べられる実をつける

ヤマモモ

イヌマキ

シイノキ

ヤマグワ

ムクノキ

マダケ

なども発見!

 

この入り口付近には近所の人々が集まるエディブルガーデンみたいなのも作れたらいいな。

 

「部屋に緑を置く」のではなく「緑の中に部屋を置く」という、なんとも贅沢な選択肢。