【駒沢 東が丘テラス】


 

【募集に際して】

本プロジェクトは昨年末に全住戸へご参加者様が決まり、現在着工にむけて動き出しているプロジェクトです。

キャンセルに伴い、参加者を募集しております。

 


l Outline(計画地)

ロジェクト名 コーポラティブハウス 駒沢 東が丘テラス
住   所 目黒区東が丘2
交   通 東急田園都市線「駒沢大学」駅 徒歩5分
構造/規模 コンクリート造地上3階地下1階(予定)/ 15戸(予定)
土 地 面 積 568.7㎡(172.0坪)
専 有 面 積 40㎡台~80㎡台
予   算 4,000万円台~8,000万円台(予定)
プロデュース 株式会社タウン・クリエイション & 株式会社style labo
設計事務所 川辺直哉建築設計事務所(予定)
施   工 未定

l Map

 

駒沢大学駅から徒歩5分、大通りを直進して住宅街に入った場所が今回の計画地です。

閑静な住宅街ですが、道のりは基本的に大通りに面しているため夜でも安心して歩けます。

付近にはコンビニやスーパーがあるほか、駒沢オリンピック公園があり緑が豊かな街です。

渋谷駅まで約7分と交通の便もよく、大学や小学校が近いことから街全体に活気がある、エネルギッシュな街です。


l 募集住戸

今回の募集住戸は4住戸。今回は2住戸をご紹介いたします。

 

 

〈住戸12〉

 

※開口の位置は調整中です。

※間取りは参考プランになります。詳細は設計士と打ち合わせしながら確定していきます。

 

再募集となる[住戸12]は最上階にあり、テラスとルーフテラスが利用できる住戸です。

リビングのほかに洋室が2つあり、住戸内の面積も十分に取られています。

またテラスとは別にルーフテラスも専用使用できるため、半屋外の居場所も豊かになるようデザインされています。

ルーフテラスは近隣の住戸より高い位置にあるため、周りの目を気にせずにお部屋の様に使って頂けます。

 

 

〈住戸13〉

 

※開口の位置は調整中です。

※間取りは参考プランになります。詳細は設計士と打ち合わせしながら確定していきます。

 

[住戸13]はゆるくカーブした曲線の壁が特徴の住戸。

これにより玄関から居間を見た際、奥へと誘引されていくような広がりを感じられます。

南側のテラスと居間、そして洋室が隣り合っているため、この3室を一体的に使うことができます。

部屋を区切って使うもよし、一体的に使ってもよし。住む人の暮らし方にこたえてくれるお部屋です。

 


l plan

Concept

「駒沢・東が丘テラス」で実現する暮らし

私たちの目指す住まいは、敷地の特徴を的確に読み込むことで周囲と適度に繋がり、住まい手がそれぞれに異なる生活を営みながらも、住人同士が緩やかで心地よい関係を築くことができる。いろいろな意味で風通しのよい環境をつくりたいと考えています。


 

◯風通しの良い住まいをつくる「にわ路地」

計画地は駒沢公園にも近く、周辺は緑が豊富な環境です。また建物は2ヶ所の接道からアクセスが可能で、その特性を建物の配置計画に活かし、敷地内に通り抜けのできる「にわ路地」をつくりました。敷地内に路地があることで、住人同士の気軽な声かけやゆるやかな交流を促し、日常的に心地よい繋がりが生まれます。「にわ路地」には、癒しのグリーンとベンチを配置するなどして生活に潤いを与えるとともに、子どもたちのちょっとした遊び場にもなりそうです。

 

◯独立性が高く風通しのよい住まい

建物は2棟に分かれていて、それぞれの住戸ができるだけ外気に面するよう、独立性の高い構成としています。
室内に光を取り込み、風通しのよい環境を目指しました。

・角住戸は3面が外気に面し、中央住戸は奥行きよりも間口が広く、様々なプランに対応することができます。

・地下住戸は天井高さが3.5mあり、その高さを活かしロフトを組み合わせたプランが可能で、南北にドライエリアを確保することで充分な採光と風通しを確保しています。

・最上階の住戸には周囲を見渡すことができる専用屋上テラスが用意され、ささやかな非日常を感じることのできる場所になります。

 

Floor Plan