『根津のコーポラティブハウス(仮)』プロジェクト始動します!

谷根千エリアについて

寺町の「谷中」、職人の街だった「根津」、文豪や芸術家に愛された閑静な街「千駄木」。それぞれの頭文字をとって「谷根千」とよばれるこのエリアには、町の至る所に歴史の足跡が残されています。

観光地化した街という印象が強く「住むには向いていないのでは?」といった印象をお持ちになるかもしれませんね。

確かに、海外旅行者やカメラを片手に持った人々が多く、メイン通りや有名スポットには沢山の人だかりが出来ています。しかし、一歩裏路地に足を進めていくと、そこはまた別世界。まさに『ALWAYS 三丁目の夕日』の世界観がそこには広がっています。細い路地には、そこに住む人々の生活感や息遣いがしっかりと感じられます。

谷中は「谷中生姜」と今もその名を残す生姜が特産の農村でした。

江戸城の鬼門にあたる位置的なことと幕府の政策によりお寺が多く建てられています。

現存する寺院が70以上点在している、「寺の町」となっています。

当地域は文化的、歴史的に重要な場所であるばかりではなく、戦災を逃れた古い家並みと路地が残る町には昔ながらの暮らしがあります。

 

特設ページはこちら → 特設ページ「根津のコーポラティブハウス」

_________________________________________

またより詳しい情報をご希望のお客様は「info@stylelabo.co.jp」宛に
下記の内容をご連絡ください。募集の際は、先行のご案内をさせて頂きます。

  • 「お名前」
  • 「ご連絡先(メールアドレス)」
  • 「ご希望のお住まい人数」
  • 「ご希望のお部屋の大きさ」
  • 「ご予算」
2018-09-07

「根津のコーポラティブハウス」特設ページ

【みんなでつくる「集合住宅プロジェクト」】文京区弥生 周辺は昔ながらの風情ある街並みが人気の「谷根千」エリアの一角,千代田線「根津」駅からほど近い高台の住宅街に5世帯の集合住宅(コーポラティブハウス)を企画中です.