賃貸用マンションの一室のリノベーション

築15年の賃貸用マンションの一室のリノベーションのご相談をお受けしました。 間取りは2LDKで、独立した個室が2部屋あるため夫婦2人暮らしや、友人との2人暮らしに向いています。

賃貸用マンションの改修工事では、現状回復工事といって住人退去の際に壁紙の張替やフローリングの補修など、借りた時の状態に戻す簡単な工事が多くなっています。今回の場合、新築当時から変わらず15年間住み続けていただいた方が転居することとなり、現状回復工事だけではなく、バス、トイレ、キッチン設備も一新することに決まりました。また、せっかく大々的に工事をするのならと、間取りも変更をして、使い勝手を工夫して収益の上がる物件を目指そう!というお話があがっています。 次回の提案をおたのしみに!

2015-09-14