マンション管理

小さな集合住宅の『建物管理』

私たちが考える小規模集合住宅の『建物管理』とは

私たちは他の管理会社が敬遠しがちな『小規模マンション』『コーポラティブハウス」専門の管理会社です。大規模マンションを顧客とする大手の管理会社のような時に過剰とも思える至れり尽くせりのサービスの提供ではなく「自主管理」から「管理会社」への移行を考えているお客様や「修繕積立金が不足」している管理組合に向けて、本当に必要としているサービスを安価に提供することが私たちの目指すマンション管理です。

- 特徴 -

安価で明瞭な料金設定

マンション管理会社では下請けの業者の見積りに、ありえないほどの利益を上乗せして管理組合に請求するといった行為が当たり前になっています。 当社では「日常修繕」から「大規模修繕工事」まで、当社がいただく業務報酬を明確にします。高額な修繕費用が必要な場合には複数の業者からの見積りの取得等のサポートをおこなうころで皆さまのご負担を最小限に抑えます。
[初期費用] 初回一回のみ
■管理会社切替費用 / ¥100,000(消費税抜き)
  • 現在の管理会社からの業務切替と一連の手続き
  • 実態に則した中長期修繕計画の見直し
  • 管理規約、使用細則の現況に即した見直し
[基本料金] 毎月の支払い
■管理受託業務基本費用 / ¥20,000(消費税抜き)/月額 ~
※ 現状の管理会社の各委託内容と金額を、同額で引き継ぐことを前提とします。
  • 収支の調停(予算案/決算案作成、収支報告)
  • 出納(収納、督促、通帳等保管、経費支払、帳簿管理、維持修繕に関する企画または実施)
  • その他(理事会支援業務、各種点検検査に基づく助言、検査報告)
[オプション] 基本料金とは別途
  • 大規模修繕計画のコンサルティング費用 / 発注金額の10 ~ 12%
  • 管理組合資料のデジタルデーター化 / ¥50,000~(消費税抜き)

3つのプラン(管理方式)

- 小規模集合住宅向け -

■ 管理会社を変更する場合


今の管理会社 ⇒ 当社

【プラン1】建物総合管理
自主管理を続けるのは難しい管理会社に任せるほどの費用はだせない。こうしたお悩みに対して本当に必要な業務のみを「明朗」「誠実」に実施していくのが私たちの管理です。

■ 管理会社を変更しない場合


今の管理会社 + 当社

【プラン2】管理組合理事長代行
「理事長代行方式」とは、分譲マンションの「理事長」を区分所有者以外の第三者の専門家が行なう仕組みです。当社は、組織的な体制で理事長代行サービスを提供いたします。
【プラン3】 管理コンサルティング
管理組合目線のコンサルタントの活用が当たり前の時代です。マンション管理士は管理組合の立場にたって、コスト削減や管理会社のチェックをおこないます。

長期修繕計画の作成

- 精度の高い長期修繕計画 -

当社では、管理の開始に当たり長期修繕計画を一から作成いたします。実態に即した長期修繕計画とするため、竣工図書や、設備点検・塗装業者等への見積取得、ヒアリング等をおこないます。建物の劣化が進行していない・設備の寿命が来ていない不必要で無駄な工事をおこなわないよう修繕周期を適正に設定します。

大規模修繕工事のサポート

- バックマージンの完全排除 -

コーポラティブハウスの大規模修繕工事に関しては、一般的に建物の建築をおこなった施工会社に依頼するケースが多いようですが、建物の新築工事をおこなう施工会社は大規模修繕工事の専門ではないため、比較的高い見積り金額であることが多いようです。

当社では、大規模修繕工事の工事費用の12%を目安に報酬としていただきますが、工事に関する談合やそれに応じて発生する中間マージンを一切排除する方針のもと、施工業者間の徹底的な競争原理を働かせた施工業者選定に加え、全ての業務プロセスを明快でクリーンなものとします。

  

解決事例のご紹介

事例1

Q 建設当初のメンバーも代わり、建設当初の「暗黙のルール」が通用しなくなってきている。

A 現状の管理状況をヒアリングし、将来的なトラブル回避の為に管理規約、使用細則を現況に即した見直しをご提案を行います。 居住者それぞれの認識の齟齬を解消し、合意後、規約・使用細則に明文化の手続きをサポートいたします。

事例2

Q 管理組合の理事のお仕事って、何をしたらいいのか不明瞭でなにより面倒。管理会社も受け身な対応しかしてくれない・・・。

A 理事さんや管理組合の立場に立ちながら、中長期的な視点で管理会社としてサポートします。 総会の準備・手配はもちろん、毎年変わる理事様の知識や多忙に左右しない一貫したサポートで、管理組合の運営を中長期的に安定させます。 ちょっとしたお悩み事の「よろず相談」もご遠慮なく。

事例3

Q 大規模修繕計画が間近に迫ってるが、積立金が不足している。修繕費の積み立てを行ってきたのにな・・・。

A 唯一性の高いデザインであるコーポラの建物に即した修繕計画を策定し、管理/修繕費の見直しを行います。 修繕費の値上げや、急な一時積立金のリスクを緩和する為にもお早目のご相談が望まれます。 また、中長期修繕計画においてもコストや建物の損耗状況を踏まえて優先順位をつけながら、ご提案します。

事例4

Q 管理組合共有の書類が多くかさばる。理事が持ち回りなのだが、かさばって保管に困っている。

A 管理組合で所有している資料、必要書類を整理します。 取捨選択を行い、所有していなくても良いものについてはこれを機に廃棄。最低限必要な書類とその他優先度の低い書類はデータ化してお渡しします。これで持ち回り理事さんが保管場所に悩まされずに済みました。

小規模集合住宅がかかえる管理の問題とは?

管理組合が抱える問題の大半が修繕積立金が足りないことから起こります。 特に小規模なマンションやコーポラティブハウスなどのデザイン住宅などは、管理会社の利益率も低いため管理会社の費用も高額になりがちです。私たちはお客様にとって最も適した低コスト・高品質なマンション管理をご提案します。
 

Q.管理会社が敬遠するマンションとは?

A.手間がかかって利益率の低いマンションです
  1. 戸数が少ないため利益がうすい
  2. デザインが特殊で管理が難しい
  3. 住人の高齢化などで理事会が機能していない
  4. 住人が高齢化していて合意形成が困難
  5. 大規模修繕工事などを任せてくれない
  6. コーポラティブハウス/デザインマンションなど

その他のサービス一覧

不動産サポート

■ 査定サービス

ご所有不動産の賃貸時の賃料、売却価格を査定します。管理物件の査定は無料ですので、資産価値を定期的に把握するお手伝いをさせていただきます。


■ 売買/賃貸仲介

小規模物件やデザイン物件ならではの魅力を知っている当社の仲介。管理物件については、特別に安価な手数料で「賃貸」「売買」の仲介をおこないます。